ピラティスリフォーマー

ピラティスリフォーマーとは
寝たままの姿勢で運動できること。
例えば自転車の股関節を動かす運動やロープを肩甲骨から引っ張る運動などを室内で寝たままの姿勢で模倣できること。
足のアーチ、股関節の流動性、背骨のアーチ、肩甲骨の流動性、首のアーチを復活させることができる。
しかも多くの人が使用できるようになっている。
座ることも歩くこともできない、または何らかの理由で特定の四肢または関節を動かすことができない人がいる。
寝たままの姿勢で運動ができることで多くの人が使用できるようになっている。
スプリング(バネ)の圧力を利用して抵抗する力と圧力がなくなり戻す力が発生して運動能力が低下している人にもサポートするようになっている。
シングルベッドの大きさのスペースがあれば上記の運動が可能になる。

ユニークな運動が200種類以上あり運動能力に合わせて運動を選択することができる。

recumbent position(寝たままの姿勢) が機能改善に効果がある。

1927年英国特許 ジョセフピラティス氏より

他にもこんな記事が読まれています