奥多摩町日原山々に囲まれた谷間に佇む奥多摩ピラティス。

明治時代の建物を生かし、自然を取り入れた設計で囲炉裏もあり、床板は多摩産の杉を使って、扉を開けば都会にはない、緑豊かな空気、川の音、鳥のさえずり。
古き良き日本の風情や季節の移ろいを大切にした洗練された空間になっています。

この自然豊かな場所でピラティスマシンの製作も行っています、一つ一つしか創りだせない環境ですが自然の法則に従いより高い品質を目指しております。

良質を誇る閃めきは自然の中からはじまります。

何よりも大切にしておりますピラティスマシンプライベートレッスンはこの地を生かしてトレッキングレッスンと組み合わせたレッスンをご提供しております。
自然の中で五感を刺激するものをこころがけております、自然を生かした季節の移り変わり、日本の四季をお愉しみいただきます。

ピラティスマシン販売

奥多摩ピラティスではピラティスマシン製作販売を日本国内で0からスタートしました、ジョセフピラティスはベッドや椅子を使い身体を整えて健康になることを考え製作しています、大切な人が自宅や日常な物でより健康な生活をしていけるように、日本国内のピラティススタジオにも一人一人に合わせたオーダーメードで製作しています。

奥多摩ピラティス

奥多摩ピラティスでは1920年代にジョセフ•ヒューベルトゥス•ピラティスが開発したピラティスマシンエクササイズの受講やエクササイズ習得プログラムを学習できるスタジオです、自然環境に恵まれた場所で自然法則メカニズムを取り入れたトレッキングプログラムとピラティスマシンエクササイズ、ピラティスではピラティスマシンを使用して骨盤や背骨の動きを中心として独特の呼吸法により身体や精神を整えることができます。

この場所を選んだ理由

まず森が人間に与える効果とは森は人間に何かしらのよい影響を与えるとされています。森に入ってリラックスという森林浴もその一つです。そもそも、森林の持つ癒し効果とは何なのでしょうか。

森林の香り【フィトンチッド】

木の香りの成分として知られる様々な天然の化学成分には、リラックスし、心地よさを醸し出す効果があるのです。実際、木の香りを吸い始めてから45秒後に、血圧が3~4%下がり、血流量も減った、という実験結果があります。枯葉の上を歩くだけでも効果があるといわれています。森林浴には、ちゃんと科学的根拠があったのです。加えて森林には二酸化炭素の吸収効果もあります。

音 【1/fのゆらぎ】

小川のせせらぎ、小鳥のさえずり、風の息、風にそよぐ枝葉の音。これらは不規則な中にも特徴的なリズムを持っており、「1/fのゆらぎ」と呼ばれています。これは自然界がまさに自然に持つリズムであり、森の中はこのリズムに満ち溢れています。人間はこのリズムに包まれると気分が和らぎ、快適感や安心感を得ることができます。

見る【「緑」という色】

森の中は、植物が放つ様々な階調の緑色で溢れています。光の三原色、赤(R)緑(G)青(B)の中でも緑は人間にとって特別な意味を持っています。パソコンのモニターで16bitカラー(65536色)は一つのピクセルに16bitの色情報持たせていますが、16bitをRGBに配分する際、赤(R)青(B)は5bit(32階調)であるのに対し、緑(G)には、6bit(64階調)と、赤、青の倍の階調を割り当てています。これは、人間の目が緑の階調の変化を、赤、青よりも敏感に識別することによります。つまり、緑は人間にとって最も見やすい色であり、目に優しく気持ちを落ち着かせてくれるのです。

光 【木の葉を通ったやわらかな日差し】

太陽光にはカルシウムの吸収を促進するビタミンDを人の体内に生成するはたらきがあり、日光浴をすることにより骨が丈夫になります。その他にも、気分を高揚させるホルモンの分泌を増やしたり、免疫力の増進や殺菌作用など、太陽光には健康を保つ上で大切なはたらきをたくさん持っています。しかし、同時に紫外線が皮膚ガンを引き起こすなど有害な面もあって、夏の強い日差しはかえって健康にはマイナスです。森の中では枝葉が太陽光を約8割カットし、適度な強さの太陽光をつくり出します。

【インストラクター】

【ピラティスマシン製作者】

小関 陸史

1982年東京生まれ。
中学生の頃からサーフィンに夢中になりプロ選手を目指す、海の専門学校を卒業して海での生活が始まる。
ライフガードの仕事をしながらサーフィン三昧の日々を送る。
スポンサーがつき東日本選手権に出場する。
腰痛に悩まされリハビリとしてピラティスに出会う。
basiピラティススタジオに入社してピラティスを基礎から学ぶ。2年で腰痛を克服して現在もサーフィンを趣味として続けている。海から山へ活動場所を変える。奥多摩ピラティスを創業する。奥多摩の自然豊かな環境でトレッキングとピラティスを組み合わせてレッスンを行っている。奥多摩ピラティスでカヌー日本代表選手にピラティスの指導を経験する。Asics Tokyo Connectionでピラティスインストラクターを経験。
腰痛を克服させたピラティスマシンが日本国内にないので自分でピラティスマシンを作る。
東京多摩産材を使ってピラティスマシン製造販売を開始する。

「いつも山を歩くと木々は多くの生き物の憩いの場所として活躍している、地元の木を分けていただき自然乾燥で半年以上乾かした木が今度はピラティスマシンとなって人を健康にする為に活躍してくれる。」

奥多摩ピラティス

【経営理念】
大切な地球、大切な人がより健康に

 

ピラティスとは

ピラティスとはジョセフピラティスという人の名前で「コントロロジー」と言われています。コントロロジーとは学ぶものです。ピラティスとは自分で学ぶものです。自分の身体に深く集中して今まで使った事のない筋肉、目に見えない深い場所を意識して動かし方を学ぶものです。その一つに背骨を動かす事です。そしてゴールは心身の結合の仕方を学ぶのです。何十年間の習慣やその動きだったので簡単には出来ませんが、動かせば必ず良くなります。長い目で見て一回で変えるのではなく、常に身体全身に意識できるように学ぶものです。ピラティスとは身体意識という事です。

ピラティスとは”本来の健康や幸福”に導くものです。コントロロジーと言われて単なるエクササイズではなく

”学ぶもの”学問なのです。

“Contrology develops the body uniformly,corrects wrong postures,restores physical vitality, invigorates the mind, and elevates the spirit”
Joseph.H.Pilates

コントロロジーは体をバランスよく発達させ、悪い姿勢を正し、体の元気を回復させ、心を活性化させ、精神力を高める。

1880-1967
Mit großem Respekt für Pilates Konzept

respect for pilates ピラティスに敬意を込めて。

会社情報

奥多摩ピラティス
〒198-0211東京都西多摩郡奥多摩町日原820
090-6027-5509

代表者

小関 陸史

設立日

2014年5月5日

事業内容

ピラティススタジオ運営ピラティスマシン製造販売

《Twitter》
twitter.com/okutama_pilates/

《Instagram》
instagram.com/okutama_pilates/